Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月10日 (水) | 編集 |
google_trend2008_1.jpg
言語を "日本" "全ての年" として、Ubuntu、Suse、Fedora、Debianを抽出したものです。
Google Trendsを使用しています。
同検索エンジンで検索された単語数が集計されています。

ディストリビューションの選択はDistrowatch.comを眺めて、関係が深そうなものを独断で選び抽出しました。
google_trend2008_2.jpg
2008年のみを選択するとこのようになります。
右下のグラフに注目で、記事トップのスクリーンショットと比べるとUbuntuが突出してます。

だいたい1年に1回くらい思い出しては眺めていますが、去年の2007年後半からすごい勢いでUbuntuが伸ばしていて、日本での検索率首位ディストリビューションとなったようです。

Ubuntu 8.10 Intrepid Ibex が10月の下旬にリリースされるので、来月はUbuntu検索率がもっと増加するでしょう。

google_trend2008_3.jpg
世界規模での抽出はこのようになり、2005年後半でUbuntuが首位にきています。
日本は世界のおよそ2年遅れでUbuntuが首位にきています。


2007年まで、日本だけUbuntuの検索比率が異常に低かったわけですが、逆に過去の検索比率が高かったのはFedoraなので、このあたりが影響していたとして間違いありません。
と、思います、たぶん。


私感
Ubuntuが登場して約5年経ったでしょうか。
数多くディストリビューションが登場していますが、Ubuntuと似通った雰囲気のディストリビューションというのが出ないのか不思議です。

Ubuntuが大成してきてるので、どこが受け入れられたのか分析して、それを真似た、もしくはそれに独自色を加えたスタイルを取ったディストリビューターというのがでてくるだろうと予想していました。
もちろんUbuntuをベースにしたディストリビューションとはまた違ったものです。

でも、なぜかそういったディストリビューターはでてきてません。

このままUbuntu独走というのも、ちょっと不安な気分です。
今のところ、Ubuntuを疑う様な所は無いですし、Ubuntuを使わなければいけない未来も想像つかないですから、取り越し苦労だとは思うのですが。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
似たような結果ですが、最近google trends for websitesでホームページごとのランキングも検索できるようになったので一応調べてみました。(suseはjpで検索されなかったので省いています)
ttp://trends.google.com/websites?q=www.ubuntulinux.jp%2C+fedora.jp%2C+www.debian.or.jp&geo=JP&date=all&sort=0
2008/09/10(Wed) 21:35 | URL  |  #-[ 編集]
似たようでいて、別の側面が表れる面白い結果です。

Ubuntuの特徴として、webサイトの作り方が上手なようです。
日本でも2007年後半のUbuntu検索率が上がる時期の前、2007年始めの内からUbuntu.jpのサイトがうまく機能していることが判ります。

必要な機能、必要な情報を有効活用できるサイト作りがUbuntuにありそうです。
判り易いという事でしょうか。
小さいディストビューターには、器用に判り易くアピールしている所が多いのですけど、そこそこの規模になるとデザイン性や無駄の多い機能のサイトになりがちになるので、珍しいパターンです。

例にでてこなかったSuseなど、人が集まるフォーラムや情報が奥まった所にあり、かつて日本でサポートしていたMandrake(Mandriva以前)を思い出させます。
Mandrakeの日本サイトは情報が見づらく、FTP版のイメージすらどこにあるか判りませんでした。(あえてMandrakeサイトのトップから辿り、結果として探せませんでした)
wkipediaやフォーラムなどの機能は備わっていても、現実として機能するかは別なのでしょう。

Fedoraの新しいサイトを見てみた所、海外企業の日本サイトにありがちな上層だけ日本語化しただけのサイトが現れました。
リンクをひとつ辿ると英語になり、そのページも枝わかれが相当な数、機能は多くても使うに難そうなページでした。

また、RedHat/Fedoraのサーバークラッキングの時期で検索率が上がるのでなく、逆に下がっているというのが興味深いです。
解答を公式サイトに求めていないか、調べることなく愛想を尽かせた結果でしょうか。
2008/09/11(Thu) 22:17 | URL  | ひねもす管理人 #rYbAsGyE[ 編集]
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。