Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月28日 (木) | 編集 |
virtualbox.jpg
Ubuntu 8.04 Hardy に Synaptic で Virtualbox OSE をインストールしました。

Virtualbox OSE はOSの仮想化を行うツールで、類似のものにQemu、VMware(VMplayer)、Parallels、Xenなどがあります。

VMware、Qemuの連携を含め、以前はよく使われていたツールでした。
VirtualboxがGPLで公開されたことにより、UbuntuのリポジトリにデフォルトでVirtualbox OSEが入り、手軽にインストールが可能となりました。
Synaptic からインストールするのは以下の5つが良いです。
virtualbox-ose
virtualbox-ose-guest-utils
virtualbox-ose-source
virtualbox-ose-modules

virtualbox-ose-modules-generic


カーネルによって違います、linux-genericの場合上記になります。
違うものをインストールするとXが立ち上がらなくなります。
$ uname -r
でgenericまたは、別のkernelであるかを確認できます。
(virtualbox-ose-modules-386
virtualbox-ose-modules-openvz
virtualbox-ose-modules-rt
virtualbox-ose-modules-server
virtualbox-ose-modules-virtual)


kuser.jpg
グループユーザー
vboxusers

に使用しているユーザーアカウントを追加します。
スクリーンショットはKDE4のkuserですが、KDE3.5系やGnomeでも同種のツールがあります。


インストールが完了したら、アイコンから [新規] を選び押し、新しい仮想OSをセットアップします。
OSのタイプをセットし(Linux系OSの場合kernelのバージョンで選びます)ウィザード形式で質問に応えれば簡単に作成が可能です。

オーディオデバイスを使う場合、出来上がった仮想化OSのメニューで右クリックし、プロパティーを変更します。
ALSA、PulseAudio、OSSから好きな物を選びます。
VMwareでもPulseAudioに対応したようですが、UbuntuではVMwareの音声出力で散々苦労した経験があります。
苦もなく鳴り出すVirtualbox OSEは感動しました。

ディスクイメージに実CD DVDドライブを使うか、isoイメージを使うか選べます。
これも右クリックのプロパティーから選択可能で簡単に設定できます。

Virtualbox用のデバイスドライバイメージISOもここから選択することができ、ゲストOSで開いてインストールします。


とても簡単に使用が可能なVirtualbox OSEですが、linux-kernelに追随しなければいけない問題があります。
VMwareでもkernelが変わった毎に行う約束事がありました。
それをVirtualbox OSEでも行う必要があります。
ただ、デフォルトのUbuntu Hardyではvirtualbooxのmodulesが自動的に降りてくるでしょう。

現在 2.6.24-21-genericがデフォルト以外で利用でき、Synapticに入っているvirtualboxのmodulesが2.6.24-20-generic用までです。
その場合、virtualbox-ose-sourceをインストールした意味を持ちます。

$ sudo apt-get install virtualbox-ose-source
$ sudo m-a update
$ sudo m-a prepare
$ sudo m-a a-i virtualbox-ose
$ sudo /etc/init.d/vboxdrv restart


これを仮想コンソールなどから行うことで、パッケージがSynapticに用意されていなくても、Virtualbox OSEを作り直して貰うことができます。




私感
シームレスモードというものが搭載され、Virtualboxの特色となっています。
ホストOSにゲストOSを透明化して見せるもので、ゲストOSで利用しているソフトウェアがホストOS上で動いているかのような自然な視覚効果を生みます。

手軽さで現在のUbuntu 8.04 Hardyからの利用は断トツ、便利な特色も併せ持つとなると強力です。

今までVMwareが主でしたが、今はVirtualboxを利用しています。

UbuntuでVirtualboxがリポジトリに追加されたのはGutsyあたりだったと思うのですが、ずっと様子見をしていました。
今ごろになってVirtualboxをようやく利用してみて、Virtualboxの便利さと完成度に驚いて今に至ります。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。