Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年05月24日 (土) | 編集 |
superkaramba.jpg
Ubuntu Hardy で SuperKaramba を Synaptic からインストールしました。

SuperKaramba は、kdeデスクトップ向けとされていて、kdeでは定番のガジェット(desklets)です。
似たようなソフトウェアに gdesklets(Gnome向け) や Conky(Gnome向け) があります。
superkaramba2.jpg
ランチメニューから SuperKaramba を起動すると、統合的に管理が可能なウィンドウが表示されます。
新アイテムの追加は、Firefoxのプラグイン追加などと近いイメージです。
管理メニューから追加出来るアイテムも美しいものが揃っていて、すぐに使用可能です。

インストールしたガジェットをカスタマイズするには
/home/ユーザー名/.kde/share/apps/superkaramba/themes
以下のディレクトリにインストールされた ○○○.theme というファイルをテキストエディタで開きます。

例として使用しているガジェットの一行
text x=130 y=75 sensor=time format="ddd dd.MM.yyyy / hh:mm:ss" interval=1000
種別 座標 テキストやスクリプト

といった順番で並んでいるので、座標を変更すれば上下左右に移動し、スクリプトを変更すればそれに見合った動作をします。
スクリプトの部分をコピーして、仮想コンソールにペーストをすればどのような動作をするか解るでしょう。
シェルスクリプトの資料が参考となりますが、SuperKarambaテーマを色々覗くだけで大半の事が可能になります。


kde4版のSuperKarambaも、とても優秀です。
ただ、kde4用のバイナリが
/usr/lib/kde4/bin/
に収まっていて、/usr/bin に収まっているバイナリと名前のかぶったものが多数なので、やや現状使いにくいです。
パスを superkaramba → /usr/lib/kde4/bin/superkaramba などにフルパスへ変更する必要があります。

又、以前のkde3版SuperKarambaはGnomeでは透過が不十分であったりしましたが、Gnomeでもkde4版のSuperKarambaだと快適に動作します。
とてもCompiz-Fusionと相性が良いです。
ただし、kde4のコンポーネントが必要になり、Synapticでインストールすると400MB程のHD容量を消費します。
実際にロードするライブラリの負荷や使用メモリ量は対した事ありません。




雑記
デスクトップガジェット-deskletsの類をSuperKarambaしか常用した事がありません。
とても綺麗なガジェットが揃っていて、使いやすいからです。

ウィンドウマネージャにGnomeを使っていた時期もSuperKarambaを利用しようとしましたが、kde3版ではGnomeと相性が悪く動作と表示がうまくいきませんでした。
なので、別のgdeskletsなどを試しましたが、あまり綺麗ではなく、面倒でもあったのでGnomeアプレットで代用し、使わなくなりました。

Ubuntu herdyのサーバ混雑も一段落し、Homeパーティションを残したクリーンインストールをしたらkde4が利用できるようになったので、kde4版のSuperKarambaを試した所、Compiz-Fusionととても相性が良くなっており大変満足しています。

具体的には、Compiz-Fusionのキューブ移動時にも4面に張り付ける事が出来、その際にガジェット周りの透過が完璧になっているなどです。


kde4で標準にガジェットが採用されると見聞きし、漠然とした想像でSuperKarambaが廃れるのかと思いましたが、それは間違いでした。
技術的にリンクしているのかはよくわかりませんが、標準でkde4に採用されているPlazmoidとは別にkde4版のSuperKarambaが存在します。

理解している部分としては、PlasmoidはCompizの技術が採り入れられ、視覚効果や一部のデスクトップ表示がkde4に統合されています。
kde4のアプレットパネルにあるカレンダーをクリックすると、枠などがCompizで描かれているのでもよくわかります。
バージョンアップが進めば、融合が進むのではと期待しているのですが、どうなるでしょう。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
SuperKarambaのウィジェットですが
Screenletsというアプリを使えばそれ用にコンバートしてくれます。
ScreenletsはCompizが前提ですが、Gnomeでも手軽にSuperKaramba用のウィジェットを利用できる一手段ではないかと思います。
また、Googleガジェットなんかも利用できますので、お試しになられてはいかがでしょう? 確かUbuntuならaptで入ったかと思います(当方Fedoraなので未確認です)
2008/05/24(Sat) 22:38 | URL  | こで #-[ 編集]
おもしろい情報ありがとうございます。

早速、試してみました。
綺麗でCompiz-Fusionと相性がとても良好で気に入りました。

Hardyのリポジトリに入っていたscreenlets version0.0.12ではSuperKarambaのテーマ変換はできませんでしたが(やり方が判っていないのかも)注目していきたいソフトウェアのひとつになりました。

この記事もそれに合わせて修正したいと思います。
2008/05/25(Sun) 19:07 | URL  | ひねもす管理人 #rYbAsGyE[ 編集]
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。