Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月24日 (木) | 編集 |
Ubuntu 8.04 LTS Hardy Heron 正式版のリリース前。
RC版での話です。

今回のUbuntu 8.04 HardyはLTS期なのですが、7.10 Gutsyからdist-upgradeを行ってしまいました。(RC版の頃に-念には念をRC版と補足)


その感想です。
何度か引っかかりアップグレードを再試行する事によって、なんとかHardyにアップグレード工程が終わりました。
アップグレード後にパッケージ類がいくつか更新されなかったので、それを処理して安定した終了となりました。

安定した終了後は以前の環境をそっくり引き継ぎ、問題はありません。
xorg.confは中身を引き継がれ、書き足した部分がそのまま入っていました。

アップグレード中の更新されたシステム設定を残すか、新規に上書きするか聞いてくるのが度々あり、応えるのが手間でした。
ダウンロード数も多数あり、パッケージダウンロードだけでも数時間かかるかもしれません-わたしは2時間ほどでした。
アップグレード工程も新規インストール以上に時間が掛かります。

ひょっとすれば正式版のアップグレードではいくつかの改善が施されている可能性はありますが、大筋では大差ないのではと想像します。


homeディレクトリを切ってあれば、新規にインストールし直した方が時間的には早いかもしれません。
新規インストールするなら、1時間程でインストールとセットアップが終えられますから、それにisoファイルをダウンロードする時間とCDに焼く時間を足すと…微妙、焼き込むCDメディアが要らないだけdist-upgradeの方が分が良いかもくらいの微妙さ加減です。


dist-upgradeしたHardy環境、そのまま使えそうな感じですが、暫くしたら正式版でクリーンインストールをする予定です。

理由は、テストで、なんとなく、kde4を入れようとしたら失敗したから、です。
(kde4は根本的に壊れてるのかもしれませんが-まだ使い物になるとも期待してません)



追記。

公式のトップはまだ告知されていませんが、日本時間で午後7時過ぎあたりにUbuntu 8.04 LTS Hardy Heron 正式版のダウンロードが可能になりました。
http://releases.ubuntu.com/releases/8.04/
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。