Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年03月24日 (月) | 編集 |

動画で作成してみました。

kdenliveを使いFLV動画に書き出しましたが、ベースサイズが800*600だからか、もしくは別の理由でか、綺麗にエンコードできていません。
研究の余地ありです、難しい。
動画自体は一発録りで、アイコンが探せずまごついている所はなんとも。
内容はkonquerorの右クリックメニューを拡張し、ffmpegによってFLVの音声コーデックがMP3であった場合に抽出するというものです。

konqueror的には割とお気楽なカスタマイズで、www.kde-apps.orgなどで似たような機能追加が発見できます。

「Exec=」この部分にffmpegを指定していますが、独自のスクリプトを指定すれば、より複雑な作業もこなさせる事が可能となります。

助けになりそうなkdeの機能として、kdialogがあります。
スクリプトの一部に記述するだけで、簡単なダイアログが使えるというものです。
Yes,Noの選択肢、認証画面、プログレスバーなど用意されています。

konquerorの機能拡張として、かなり多くなものが存在します。
元々が高機能で軽く、申し分ない操作性なのですが、kde4ではDorphinを採用するそうです。
もちろんkonquerorも使えますが、kde4のデフォルトファイラーとしてDolphinが採用される事には少し不満です。
将来的にkonquerorを越えてくれれば良いのですが、現状はkonquerorの足元にも及ばないからです。



動画内容詳細
右クリックのみの拡張はkonqueror自体に不具合を起こす心配もなく、安心して行う事ができるでしょう。

/home/ユーザ名/.kde/share/apps/konqueror/servicemenus
このディレクトリへ
ffmpeg_flv2mp3.desktop
などといった名前でデスクトップ設定ファイルを作成します。

内容は以下ですが、アイコンはアイコンセットによって違うので、気に入らない場合は変更してください。

[Desktop Entry]
Actions=Editor-default
Encoding=UTF-8
Name=flv2mp3
Name[ja]=flvからmp3を抽出
ServiceTypes=video/flv,video/x-flv,application/x-flash-video

[Desktop Action Editor-default]
Exec=ffmpeg -i %U -acodec copy %U.mp3
Icon=knotify
Name=flv2mp3
Name[ja]=flvからmp3を抽出
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。