Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月08日 (木) | 編集 |
soundrecorder.png
Ubuntu Gutsy をインストールすると、デフォルトで Sound Recorder(gnome-sound-recorder) がインストールされています。

これは名前そのものの録音ツールで、Gstreamerパイプラインを追加設定する事により録音形式を追加する事も可能です。

USB-Audioを利用していますが、そのせいか gtk-RecordMyDesktop で録音できません。
そういった場合に補うツールとして使う事もできます。
私のUSB-Audioを使用している環境でも、Sound Recorderで録音が可能です。

1.Sound Recorderで録音開始
2.gtk-RecordMyDesktopでスクリーンキャスト開始
3.gtk-RecordMyDesktopの録画を終了
4.Sound Recorderの録音を終了

※スクリーンキャスト=デスクトップの動画キャプチャー

と、2つのツールを同時使用すれば音を録音する事が可能になるのですが、同期は取れません。
gtk-RecordMyDesktopはコマンドラインでも扱えますが、Sound Recorderはコマンドライン上で扱えないからです。
同期を取る場合は別のアプローチを探す必要があるでしょうが、音と映像の位置を合わせるだけの作業なので手作業でこなしても大した作業量ではありません。

例えばAvidemuxで音と映像を重ねる場合、Audacityなどであらかじめ音の長さを調整する必要がありますが、Cinelerraなどのタイムラインが操作できるツールで編集する場合は簡単です。
ただ、dvフォーマットへ変換する手間が増えます。

作業方法はいくつかありますが、音と映像を合わせた映像を再現する事ができるでしょう。

なお、mp3(Lame)やAACなどGstremerのパイプラインを追加する作業については、Sound Juicerの記事を参照してください。


雑記
動画作成をこれといった定番ツールだけでシンプルにまとめたかったのですが、凝った動画の編集作業にはツールの使い分けが必要不可欠な様です。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。