Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月02日 (金) | 編集 |
kooldock.png
Ubuntu Gutsyで Kooldock を Synaptic からインストールしてみました。

OSX風ドックというカテゴリでしょうか?
マウスオーバーでモワーっとアイコンが拡大したりするアレです。
タスク管理機能もあります。

ドックランチャーにはkibadockがCompizFusionなどと相性が良く、インストールされている方も多いですが、Ubuntuデフォルトリポジトリからインストールの簡単なドックとしてkooldockを紹介します。
SynapticでKooldockのインストールが済んだらKooldockの起動をします。
kdeのメニューにはKooldockが出てきますが、Gnome環境でKooldockは起動メニューに出てきません。

altキーを押しながらF2キーを押すと アプリケーションの起動 という画面が出てくるので、そこで kooldock と入力し、起動します。

デフォルトで下にドックが現れるので、下にタスクバーを配置している方は、あらかじめ退避させておくと後々配置がしやすいです。

CompizFusionなどを使用しているとKooldockに影が付く事もあります。
その場合、Emeraldテーマを編集してウインドウ枠の影を調整すると影がでなくなります。

OSの起動時にKooldockを自動起動させるには
ランチメニュー>システム>設定>セッション
に、Kooldockを追加してください。



雑記

一部では「OSX風の〜」というと、反発もあるようなので記述に悩む所です。
私は特に抵抗は無いのですが、OSXを贔屓するでもなく、OSXを使用した事もありません。

2年ほど前はKDEメニューがマウスオーバーでアイコン拡大になる機能がありました。
今は説明書きが表示されるだけになっています。
デザイン面で似通ったものになる事へ配慮したのでしょうか。
そのようにいわゆるパクリになる事へは配慮しなければならない問題は判るのですが、かといって神経質になりすぎるのも窮屈に思えます。

デベロッパだけでなく、ユーザーも意識をすべきとする話だとすると難しい話になってきますか。

心配のしすぎでしょうか。

感想や意見など、思う所をコメントくだされば参考になります。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。