Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月12日 (金) | 編集 |

この記事でニコニコ動画へ投稿をしたのですが、画質について言及されたコメントだけは悔しく思いました。
他の部分についてとやかく云われるのは良いのですが、画質について突っ込まれるのは意図した部分ではありません。

という事で、改善を試みました。

まず、flv形式というファイルの勉強不足がありました。
これを整理してみます。
flvというのはadobeのFlash形式のひとつで、扱えるフォーマットが2つあります。
これ以外にも動画ファイルをflv形式に組み込む事が出来ますが、規格外のflv形式を各種動画サイトでは対応していません。
・flv1 - 中身はh.263のコーデック
・flv4 - 中身はvp6のコーデック(win32codecsに含まれる)

flv1の形式はFlashの動画組込み発表当初(FlashMXからだったと記憶しています)からの形式で、対応ソフトは多いです。
flv4の形式は新しく増えたadobe Flashで扱える動画コーデックで、対応ソフトは少なくなってきます。

思いついたGUIインタフェイスなソフトは3つ。
・kinoはflv1だと思うのですが、まだ実用に難が目立つので当面忘れることにします。(突発的なクラッシュは減ったと思うのですが…)
AvidemuxはGutsyに入っていたVersion2.3だとflv1に書き出す機能がありませんでしたが、Version2.4だとflv1が書き出せました。
Cinelerraはflv書き出しに対応していますが、恐らくflv1だと思います。入力形式に不安が(後に検証してみます)

コマンドライン系のツールでは2種。
・ffmpegはflv4の書き出しに対応していますが、難があるようです。
・mencoderはflv4の書き出しに対応していますが、入力コーデックを選ぶ様です。

MPlayerの公式サイトにあるwin32codecsを用いて、mencoderでflv4-2passの出力テストした所、映像が吹っ飛んだflvファイルが出来上がりました。
ミスなのかバグなのか判断付かなかったので、保留とします。
ffmpegではテストをしていません。


Cinelerraがとても気になるのですが、とりあえずAvidemuxを選びました。
ただ、recordMyDesktopからの出力ファイルが、そのままではAvidemuxに読み込めません。
recordMyDesktop(録画) → mencoder(aviに変換) → Avidemux(音付けと加工、flv1への書き出し)
この様な工程が必要でした。

今回はAvidemuxを使用しましたが、後日、Cinelerraもインストールしてテストしてみます。

出来るだけ工程をスマートにするのを目標にして、もう少し詰めてみたいと思います。
作成した動画がニコニコ動画向けだったので、他の動画サイトにはアップロードしていませんが、似たような手順を踏んでアップロードが可能だと思います。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。