Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月17日 (月) | 編集 |
xfyblogeditor1.png
Ubuntu feisty でJustSystemのxfy Blog Editorをインストールしました。

Javaアプリケーションになっていて、Linux系OS、OSX、Windowsほかで動作します。
JastSystemが無償版としても配布しているものでこちらからアーカイブをダウンロード出来ます。

対応ブログは、ジャストシステムブログ、MovableType、TypePad、FC2、ココログ、seesaa、ブログ人、WORDPRESS、JUGEM、DRECOMに対応しています。
圧縮ファイルを展開し、好きなディレクトリに設置します。
ランチメニューには、手動でこの様に追加して登録しました。

名前:xfy Blog Editor
コマンド:java -jar -Xms32M -Xmx512M -Dcom.xfy.startup.XfyStartup.without-jvm-restart=true '/home/ユーザ名/設置したディレクトリ/xfy Blog Editor/bin/xfyBlogEditor.jar'
※「ユーザ名」と「設置したディレクトリ」を変更してください。

ランチメニューに登録すれば完了です。

Blog>Blogサービスの管理
からBlogサービスを追加すると、「エントリーの取得」でブログの一覧を取得出来る様になります。

「エントリーの追加」で、新規記事の作成を行います。

xfyblogeditor2.png
エントリーを取得した後「編集」を押すと、この様な編集画面になります。


私感です。

Linux系OSの環境にも、この様なブログエディタが提供された事に感動しました。

FC2のブログでテストしました。

ローカル上に記事の管理が出来る点は便利です。
記事のインポート、エクスポートが出来るので対応ブログで移転する場合に使えると思います。

ただ、記事の反映に記事1つ毎に反映の手順を踏まねばならなく、複数の記事を一括でアップロードが出来ませんでした。
記事編集機能は図表を挿入出来る機能がありますが、試してみた所MS WordのHTML書き出しで作成したテーブルタグの様にとても長いソースコードが吐き出され、実用には難アリな感触でした。(2007年9月17日)

ユーザコマンドというものを登録する事によって、編集機能を強化する事が可能です。
こちらはコミュニティでの活動も行われ、youtube動画記事の連携や様々な機能を追加する事が出来ます。
コミュニティからのダウンロードは、JustSystemへの登録(無料)が必要になります。

xfy Blog Editorのバージョンアップ、コミュニティで新たな強化機能(プラグイン)の開発が進めば、将来便利なツールになると期待しています。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
起動のストレスから解消されました
いちいち起動時にインストールフォルダまで開かなければいけないのがとてもストレスでしたが、こちらでやっとランチャに登録することができました。
ありがとうございます。
2008/06/08(Sun) 11:24 | URL  | 嶋崎 #-[ 編集]
起動ランチャは、xfy Blog Editorに付属していたスクリプトを参考にした様な気がします。

JAVAのソフトウェアではそういう事が多いので、もし起動絡みで不便があった場合は付属のファイルを参照してみるといいです。

ディレクトリのパスを修正したりするだけで動いたりします。
2008/06/18(Wed) 20:59 | URL  | ひねもす管理人 #rYbAsGyE[ 編集]
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。