Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年12月11日 (火) | 編集 |
そろそろ良い頃合ではないかと思い、Ubuntu 12.10 Quantal Quetzal をインストールしてみました。
/home を流用してある、クリーンインストールです。

ubuntu_1210_quantal_3.jpg
nvidiaドライバをインストールしようと思い
jockey-gtkを探そうとし、スペルミスでjokeyと打った図

話には訊いていましたが、アプリケーションを探そうと打った文字列に対応する商品名が羅列され絶句しました。
あとでunityそのものをアンインストールします。
個別には、unity-lens-shopping をアンインストールすることで外せそうです。

ubuntu_1210_quantal_1.jpg
nvidiaドライバのインストールを促すアイコンがポップアップしません。
仕方ないので探し回り、程なく見付けました。

ubuntu_1210_quantal_2.jpg
ソフトウェアソース > 追加のドライバー
へ設定場所が移っています。

が、設定をするものの有効になりません。

嫌な予感がしつつも、後回しにしてsynapticとfluxboxをインストールしました。
[Ctrl+Alt]を押しながら[F1]
テキストログインをし
[sudo apt-get install synaptic fluxbox]
これでログイン時にfluxboxを選択することができます。
fluxboxでインストール、アンインストール作業を続ける予定で今回はここまで。

Ubuntu 12.10 Quantal Quetzal を2台にインストールをして、それぞれ
nvidiaドライバをインストールしても有効にならない
無線LANの設定でパスワードが通らない
などの困った状態が発生中です。

尚、Ubuntu 12.04 LTS Precise Pangolin は快調に動作しております。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。