Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月07日 (金) | 編集 |
Ubuntu 11.04 Natty Narwhal
iPod touch 第4世代 64GB (iOS4.3.3)

まず、iTunesがないとiPod touchが使える状態にもなりません。
Ubuntuしか使っていない場合は詰みます。
仮想OSによるWindows(XP以降)、VMware、Virtualbox(非OSE版)など、USB機器を認識するものでも使えるでしょう。

続き記事はソフトウェア別同期テストなど
gtkpod
 同期終了となるものの、実際に同期されません
Rhythumbox
 同期が完了せず、実際に同期もできていません
Banshee
 同期終了となるものの、実際に同期されません
※上記3種の寸評
惜しいものの、同期に失敗するたびに大量のゴミがiPodにたまります。
これにより試行錯誤を繰り返した今は20GBほど余分に容量をため込みました。
暫く前には同期が取れる環境であったとwebで散見しました。
現在も仕様変更に対するパッチなどあります。
が、いたちごっこ的で、たとえ一時使えるようになったとしても、安心して使う環境ではないでしょう。

Amarok
 iPodがマウントされず
Clementine
 iPodがマウントされず
Exaile
 iPodがマウントされず
SongBiard
 iPodがマウントされず
※上記4種の寸評
ダメです。

Ubuntuで使えるようにするには
JailBrakeします。
Cydiaをインストールします。
pwntunesをインストールします。
Ubuntu側からiPod touchはマウントできるので
/var/mobile/Library/My Music
に楽曲を入れて管理します。

動画はiFileなどをiPodにインストールするとディレクトリを直接参照して開けます。



雑記
話には「iPodよりWalkmanの方が自由にファイル管理ができる」と伺ってました。
なんのことか判らず、Sonyのハードが自由にコンテンツを扱える…?と、やや半信半疑に。
今は憶測が付きます、AppleのiOSよりもAndroidの方がコンテンツ取り扱いの融通が効くという話なのではないでしょうか。
手持ちのファイルの扱いが容易かどうかは重要です。

iPod touchのCPUはArm製です。
AndroidならAdobe Flash Playerを使えますが、まだiPod touchへAndroidがインストールできないようです。
Linuxディストリビューションをインストールした場合、AdobeがArm向けFlash Playerを企業向けのみとし、一般公開していないので不便でしょうか。

今、携帯型の端末を使用するならAndroidが良さそうです。
妙な制限がないので、Linuxディストリビューションとの連携も良いのでしょう。(想像)
でもメモリがまだ少なそうで、製品の仕様がこなれるのを待った方がいいのでしょうか。
携帯型端末向けのLinuxディストリビューションがでてくれば、そちらの方が快適そうではあります。
今はまだ整備が進んでいません。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。