Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月14日 (金) | 編集 |
wine.png
Ubuntu feisty で Synaptic からwine をインストールしました。
(画面写真は設定ミスでUbuntu上のwinecfgが立ち上がらなくなったため、Simply MEPIS 6.5 でのwinecfg )
(.wineのディレクトリを削除して再設定したら動きました)

[wineをインストール](apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

wineはLinux系のOSでもwindowsプログラムを動作させる事が出来る技術です。
デフォルトでは以下がwineのルートフォルダになるのでnautilusにブックマークしておくと便利です。
~/.wine/drive_c

Ubuntuの標準リポジトリにはディストリビュータ提供のwineが完備されていますが、新たにリポジトリを追加して最新のバイナリを活用する事も出来ます。
gpgキーを追加します。

$wget -q http://wine.budgetdedicated.com/apt/387EE263.gpg -O- | sudo apt-key add -

/etc/apt/sources.list に追加します。
コマンドライン上で打ち込めば完了です。
もしくはSynaptic上でgpgキーやapt lineを追加してください。

−Ubuntu Gutsy (7.10)
sudo wget http://wine.budgetdedicated.com/apt/sources.list.d/gutsy.list -O /etc/apt/sources.list.d/winehq.list

−Ubuntu Feisty (7.04)
$sudo wget http://wine.budgetdedicated.com/apt/sources.list.d/feisty.list -O /etc/apt/sources.list.d/winehq.list

−Ubuntu Edgy (6.10)
$sudo wget http://wine.budgetdedicated.com/apt/sources.list.d/edgy.list -O /etc/apt/sources.list.d/winehq.list

−Ubuntu Dapper (6.06)
$sudo wget http://wine.budgetdedicated.com/apt/sources.list.d/dapper.list -O /etc/apt/sources.list.d/winehq.list

$sudo apt-get install wine
もしくはSynapticでwineをインストールすれば完了です。


AMD64bit版のUbuntuを利用している場合。
$ sudo apt-get install ia32-libs lib32asound2

$ cd ~/Desktop
$ sudo dpkg --force-architecture -i wine_*_i386.deb

$ sudo ln -s /usr/lib/locale /usr/lib32/



コマンドライン上で
$winecfg
と打てばコンフィグ画面を出す事が出来ます。

Gutsyではメニューの中にwineconfigの起動メニューが追加されました。

実際にwineでWindows向けゲームを動かした関連記事→wineで東方
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。