Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年07月14日 (火) | 編集 |

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7629704

Ubuntu 9.04にtimidityをインストールすると、デフォルトで設定される音色はfreepatsです。
timidity自体はとても優秀です。
ハードウェアmidi音源に退けを取らない程(機能として同等レベル)作り込まれましたtimidityですが、freepatsを使うと足りない音色が目立ち、調整具合もよろしくありません。

「timidityを使うのであれば、freepatsから別のサウンドセットを設定すると良いですよ」
というススメです。

サンプルではeawpatsとeawplusを使用しています。
おまけに収録したAudigyのSoundFontはやや大きめで263MBです。
SoundFontの音質は容量ではありませんが、今は1GB越えのSoundFontまであったりします。

midiの曲はイース2完全版に収録されていたイース2のオープニング曲です。
このサンプルmidiは電子音系で、豪華な作りでもありません。
ですが、freepatsの歯抜け音色具合が如実に現れてる曲なので選曲しました。
ファルコム楽曲が自由に使えるようにライセンス変更となったというのもあります。
雑記
ひさしぶりにニコニコ動画に投稿しました。
作成に使用したのはkdenliveです。

timidityをAudaciousで鳴らし、サウンドレコーダ(gnome-sound-recorder)で録音しています。
始め、gtk-recordMyDesktopで収録してみたのですが、音がよろしくなくて変更しました。
書き出したmp3ファイルをAudacityで繋いでからac3で再変換、kdenliveでmp3にさらに再変換しているので、やや劣化しています。

低スペックのPCを使い、Audaciousでtimidityを鳴らすと、コマンドライン上で鳴らした時より(timidityフルオプション)音飛びもなく、もったりしないで、負荷率も低いようです。
詳細は調べていませんが、timidityのオプションをいくつか、もしくは全部を無効にしているのではと推測します。

ニコニコ動画はmp4に対応したということで、kdenliveでmp4を書き出してみた所、40MBという容量をオーバーした150MBになってしまいました。
(これをAvidemuxで再変換すると、観られないこともないものの、ぼんやりと滲んだ劣化になりました)
flv1で書き出すと20MB弱になったので、結局、flv1を使いました。
画質は輪郭もクッキリしていて良好です。

kdenliveはkde4版になって、機能がとても増え、調整も進みました。
強制終了する事も減った気がします。
ただし、用意されたテンプレート形式の出力設定で、Avidemuxのように微妙な調整のファイルを書き出す事はできません。
Avidemuxはまだ手放せません。

次の機会には動画でテストしてみたいです。

timidityでAudigyなどで使われているSF2形式のSoundFontを流用する方法として、timidity用のcfgファイルを書き出すツールがあります。
テストしましたが、鳴らなかったので今回は使用できませんでした。

因みに大容量SoundFontをロードする設定は
/etc/modprobe.d/alsa-base.confを開いて
options snd-emu10k1 max_buffer_size=256 max_synth_voices=256
を追記(サンプルは256MBに拡張)
などと追記して拡張しなければなりません。

SoundFontのロード方法は
$ sfxload ~/SoundFont/SGM-V2.01.sf2(任意のSoundFontファイル)
などがあります。

コマンドライン上でmidiを再生するには
$ aplaymidi -l
でポートを確認し
$ aplaymidi --port=128:0 ~/midi/th09_05.mid(ポート名/任意のmidiファイル)
などとします。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。