Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月30日 (土) | 編集 |
amarok2_art_01.jpg

feh をインストールします。

$ feh --bg-scale "~/壁紙が置いてあるパス/壁紙.jpg"
などで壁紙を feh で描画すれば透過できます。

.conkyrc には
own_window_transparent yes
(透過を許可する)
own_window_type normal
(なぜかoverrideでデスクトップをクリックするとconkyが消えます)

設定が難儀であればConkyサンプルを参考にどうぞ。
kde4ではデスクトップ設定をいくつも作れます。
それらの切替えが容易で、壁紙もそれぞれに設定可能です。
それが原因で現在使用中の壁紙がどれになるかを自動判別する方法がわかりません。

kde4だけでなくRoxやその他でConkyが透過にならないときにも使えました。
openbox 環境で壁紙を設定したい時などにも feh は重宝します。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。