Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年09月11日 (火) | 編集 |
Thunar1.png
Thunar ファイルマネージャーはxfaceというwindow managerのファイラーです。
Ubuntu feisty で Synaptic からインストールしました。

gnomeのファイラーである nautilus とほぼ同等の操作性です。
nautilus と同じようにタブ機能は無いです。
nautilus と比べて若干軽快に操作出きるような気もします。
nautilus と比べて画像ファイル、動画ファイルのサムネイル表示が小さく見にくいです。

個人的には nautilus が好きで、それを日常使用しています。

が。
Thunar2.png
Thunar をインストールするとおまけで付いてくるThunarBulkRename(ランチメニューは'一括リネーム'になっていました)が便利で愛用しています。

ファイル名や拡張子の一括リネームするのにGUIでのお手軽なツールになっています。
リネームコマンドを使えば良いという話もありますが、ファイル名を画面で確認しながら操作出来るのでミスが無く、デスクトップ用途には便利だと思います。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
先日は「Ubuntuを使う100の理由」のほうへトラックバックありがとうございます。「一括リネーム」は、Xfceをインストールしたときのうれしいオマケですね。私も重宝しました。Xfceはパネルに追加するアプレットも気に入ったのですけれど、最終的にThunarの使い勝手が今ひとつだったので諦めました。でもいい感じだったと思います。
2007/09/12(Wed) 07:36 | URL  | 松本 #-[ 編集]
こちらこそURLを拾ってくださってありがとうございます。
ブログを立ち上げて初のコメントも貰えとても嬉しいです。
xfaceも良いですね。ロゴのネズミもかわいいくて好きです。
2007/09/12(Wed) 23:34 | URL  | ひねもす管理人 #rYbAsGyE[ 編集]
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。