Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月16日 (木) | 編集 |
flvからmp3ファイルを抽出する方法だけだと物足りないので、動画ファイル全般から音声ファイルを抽出する様にしました。

ffmpegをインストールする必要があります。
未インストールの場合は Synaptic などでインストールします。

Nautilusスクリプトの詳しい使い方はこちらを参照してください

flvからmp3、mp4からaac、wmvからwma、aviからmp3、それぞれを抽出するようになっています。
#!/bin/bash
for arg
do
if va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep x-flv`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.mp3"
elif va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep mp4`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.aac"
elif va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep asf`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.wma"
elif va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep msvideo`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.mp3"
fi
done
雑記
厳密に音声コーデックを判定していないので、マッチしないケースがあるような気がします。

ffmpeg -i ファイル名
のコーデック結果みたいなものが判定できれば、もう少し精度があがりそうです。
でも、その結果をスクリプト上で得る方法がよくわかりませんでした。
少ないサンプルの中でですが動いてはいたので、それなりには使えると思います。

未変換で音声ファイルを抽出する動作のみです。
mp3などに音声形式を統一したい場合はffmpegの部分を変更すればいいです。

それか、別途mp3へ再変換するスクリプトを用意したほうが便利かもしれません。
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。