Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月10日 (金) | 編集 |
nautilus_script01.jpg
Konquerorでservicemenusに登録し、右クリックメニューに拡張できましたが、Dolphinへの実装がまだ不十分です。
(Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope beta kde4.2.2にて)
そこでNautilusを使うことにしました。

kde4を使用してますが、ファイラーにNautilusを使用する事に抵抗はありません。
今のNautilusはタブも備え、以前よりずっと軽快になりました。
ただ、Dolphinと比較して、Nautilusではターミナルウィンドウ、カラム表示、フィルタ検索が使えないなど難点はあります。

Nautilusスクリプトを使ってみると意外や便利。
シェルスクリプトを直接書け、なんの手間もありません。
Konquerorのservicemenusより使いやすいです。

Nautilus-Scriptはスクリプトと名のつくもので、抵抗を感じる向きもありそうです。
そこでスクリーンショットを多めに解説してみました。

とても簡単、便利なので是非使ってみてください。

今回のサンプル以外にも試しにいくつか簡単なスクリプトを作ってみたものも写っていますが、長くなるので別途記事にします。

Nautilusスクリプト Windowsのexeからiconを抽出してpngに出力する方法
Nautilusスクリプト pngなどの画像からiconファイルを作成する方法
Nautilusスクリプト 動画ファイルから音声を抽出する方法
nautilus_script02.jpg
~/.gnome2/nautilus-scripts
このディレクトリを開き、空のファイルを作成します。

nautilus_script03.jpg
ファイル名には日本語も指定できます。
用途が判りやすい名前を付けましょう。

nautilus_script04.jpg
ファイルに名前を付けたら、そのファイルを右クリックします。
プロパティを呼び出し、プログラムとして実行を許可する にチェックを入れます。

nautilus_script05.jpg
シェルスクリプトの書き方で好きなように書きます。
編集はテキストエディタで行います。
kwriteを用いましたが、テキストエディタならなんでもいいです。

今回のサンプルではこうしました。
konsoleがインストールされていれば、Nautilusで開いたディレクトリにKonsoleが開くスクリプトです。
#!/bin/bash
konsole --workdir "$PWD"


$PWDでNautilusが開いているパスを取得します。

nautilus_script06.jpg
メニューにはアイコンも指定可能です。
該当スクリプトのプロパティ画面からアイコンをクリック、画像ファイルを指定します。
/usr/share/icons/default.kde4/32x32/mimetypes
から選択しました。

nautilus_script07.jpg
右クリックメニューのスクリプト置き場をお気に入りに登録する必要はありません。
スクリプト > このフォルダを開く で開くことができます。

Nautilus-Scriptで参考にしたUbuntuのフォーラム

その他-謎仕様
メニューの順番はファイル名を変更した順で古いものが上へ、当たらしいものが下になります。
順位を入れ替えるには、順番にファイル名を変更してみるといいです。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。