Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月05日 (日) | 編集 |
wine_touhou8.jpg
東方星蓮船 ~ Undefined Fanastic Object.

東方星蓮船 体験版 動作環境
Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope beta
Wine 1.1.18
Geode 1500
Geforce FX5600

フルスクリーンで動かしましたが、それを撮ってもただのゲーム画面にしかならないので、Compizのシフトスイッチャーをついでに使うことにしました。

関連記事
Wineで東方
Wineで東方2
雑記
会話シーンで文字がかすれています。
東方地霊殿と同様です。
地霊殿を動かした時ではDirectXのDLLが必要だったのですが、東方星蓮船ではDLLを置かなくても動いています。

文字がかすれる現象はDirectXのピクセル補完で領域を塗りつぶす機能があったと思うのですが、それがWineでまだ未サポートなんでしょうかね。
かなり想像の域で、うろ覚えまじりなんですけど。
Wineのソースコードから以外で解消するのは困難だと思うので、Wineの対応を待つのが吉だと思います。

th12.exe の起動には
$ cd ./exeの置いてあるディレクトリ
$ wine th12.exe

または、.desktop 設定ファイルを作成して作業にパスにexeの置いてある場所を指定する必要があります。

インストールすれば.desktopが自動的に作成されるので、プロパティからコマンドの欄に
cd "~/.wine/drive_c/Program Files/th12/";env WINEPREFIX="~/.wine" wine "C:\Program Files\th12\th12.exe"
として設定してもいいでしょう。設定は例です。

ジョイスティックは完全動作。

ゲーム自体は、難しくて、難しくて。EASYなのに。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
コメント:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。