Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月15日 (土) | 編集 |
910karmic_a4.jpg
Ubuntu 9.10 Karmic Koara Alpha4 が8月13日にリリースされました。
(AMD64bit版、VesaドライバでGPU支援は無効状態の画像-画面上の違いは一部透明効果が無効)

触感は9.04の調整と野心的な機能拡張といった雰囲気です。
追加機能と追加パッケージを別とすると、9.04の改善版として使えると云った感じでした。

機能拡張は、AmazonEC2互換のサーバとして簡単セットアップが可能な点(まだ試してません)、Ubuntu Oneでネットワークストレージが利用可能な点(動作が怪しい気がします)などで、クラウドコンピューティングを意識したものが多いです。

起動時間は3年前のSATA HD起動からでBIOS終了-GDM起動まで約25秒、とても早いです。
(ブートシークエンスのスプラッシュは1画面に収まる短さです)
Gnomeの起動に25秒、KDE4の起動に35秒といった所です。

Gnomeはあまり変わり映えしないので、特筆することはありません。

KDE4はKDE4.3が採用され、ずいぶんこなれた印象です。
マウス操作による操作性はほぼ完成形と云えると思えます。
Wacomタブレットによる操作性は若干改善が見られるものの未だ劣悪です。

見た目の違いはデフォルトのGDM、KDMテーマがシンプルで明るい印象のものになっています。

Grub2が採用されました。
画像データで華やかな装飾は施さず、以前からのGrubと見た目があまり変わりません。
[Ubuntu 9.10 Karmic Koara Alpha4 の近況の続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。