Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年08月31日 (日) | 編集 |
Ubuntuにはサウンド関係がデフォルトでは弱いと思い続けています。

そのあたりがPulseAudioで改善されるかもと期待をしていました。
PulseAudioがUbuntuのデフォルトとして採用されて、Gutsy、Hardyと調整が進みまして、音質、動作率、確かに向上改善しています。

便利になった部分もあるでしょう。
が、不具合も併発していますでしょうか?
[Ubuntu 8.04 Hardyのサウンドまわりについての続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月30日 (土) | 編集 |
antix_mepis7-5_00.jpg
antiX MEPIS7.5をLiveCDでブートさせた画面です。
インストール後はGrub画面として登場します。

MEPISがリリースした、最低環境64MB、推奨環境でも128MB以上のRAM、Pentium2程度以上で常用可能な超軽量のディストリビューションです。

黒ければなんでも褒めるわけではないですが、マッチングが自然で素直にかっこいい見栄えに仕上っていると思います。

ロゴバランスなどいいですね。(変で妙な名前ですが)
2008年08月30日 (土) | 編集 |
antiX MEPIS 7.5 の日本語化などで苦戦をしていたら、SymplyMEPIS8.0のBetaがリリースされていました。

antiX(変な名前)にMEPISの名が入ったantiX MEPIS7.5がリリースされたので、てっきりSymplyMEPISと統合されたのだと思ったら違ったようです。

こちらもantiX MEPIS7.5と同じでDebian Lennyベース、WMは安心のKDE3.59です。
Linux kernel 2.6.26.2とUbuntu 8.10 Intrepid Ibexで発表があったkernel 2.6.26.2と同じバージョンです。(Ubuntu独自で2.6.26-5.15と改修して内部バージョンを割り振っています)


MEPIS.org (最新版確認のためのダウンロードページ)

理研
SimplyMEPIS-CD_7.9.70-beta_32.iso
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月28日 (木) | 編集 |
virtualbox.jpg
Ubuntu 8.04 Hardy に Synaptic で Virtualbox OSE をインストールしました。

Virtualbox OSE はOSの仮想化を行うツールで、類似のものにQemu、VMware(VMplayer)、Parallels、Xenなどがあります。

VMware、Qemuの連携を含め、以前はよく使われていたツールでした。
VirtualboxがGPLで公開されたことにより、UbuntuのリポジトリにデフォルトでVirtualbox OSEが入り、手軽にインストールが可能となりました。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月25日 (月) | 編集 |
antiX と SymplyMEPIS が統合一本化されたような印象です。

メモリ64MBが最小環境で、推奨メモリは128MBとなっています。
CPUはPentiumII世代で動作が行える軽量化システムと特化しました。

Fluxbox、IceWMがプリインストールされていて、(SymplyMEPISまで採用されていた)KDEはデフォルトの環境でなくなりました。

寝耳に水です。

24日の早朝にUbuntu 8.10 Intrepid Ibexを調べていた時は存在を確認できなかったのですが、何時の間にかリリースされていました。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月24日 (日) | 編集 |
8月14日にUbuntu 8.10 Intrepid Ibex alpha4がリリースされました。
Ubuntu 8.10のalphaリリースは6まで重ねる予定となっています。
その後にbetaリリースとなり、正式リリースは2008年10月30日になる予定です。

http://www.ubuntu.com/testing/intrepid/alpha4
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月23日 (土) | 編集 |
veohtv3.jpg
Wineの1.0リリースの記事で軽く紹介したのですが、別記事に整理、捕捉して書きます。

VeohTVをWineで動かすという所は一所ですが、LinuxのNativeなFirefox(3.0.2pre)で、VeohTVをWineで連携させる方法です。

今回も Ubuntu 8.04 Herdy Herron で Wine を Synaptic からインストールしてあります。
Synapticのページにあるリポジトリを追加するとWineのバージョンも上がります。

試したWineのバージョンは、wine-1.1.2 です。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月18日 (月) | 編集 |
kommando.jpg
Kommando と Kommando設定画面(kcontrol内)

Ubuntu 8.04 Hardy Herron に Synaptic から kommando をインストールしました。

Kommandoはソフトウェアランチャーで、ショートカットキーなどの操作で軽快に起動します。
起動する場所はマウスカーソルを中心になるので、最小限の操作で起動までが可能です。

似たようなソフトウェアは…多すぎて把握しきれてません。
そのようなランチャーが多い中、Kommandoは操作性が良く、画面も綺麗で、軽快な動作だったので推します。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月16日 (土) | 編集 |
konqueror.jpg
スクリーンショットはKonquerorで設定タブを表示した所です。
kwinはデフォルトで入っているcomicです。

Linuxディストリビューションでのデスクトップ環境構築にお薦めを -もちろん独自の趣味多々なものをつらつらと書いてみます。

異論も多々ありそうなのです。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月15日 (金) | 編集 |
kde_gnome.jpg
スクリーンショットはGnomeコントロールセンターとKDE4設定パネルです。

統合デスクトップ環境と呼ばれるKDEとGnome、双方とも機能的には似たようなものを実現しています。
生い立ちやライセンス体系の違い、機能的なことなど、簡単に羅列してみました。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月07日 (木) | 編集 |
smplayer.jpg

Ubuntu 8.04 Hardy に SMPlayer を Synaptic からインストールしました。

[SMPlayerをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

SMPlayer は MPlayer 派生の動画プレイヤーで、KMPlayerと同じくQtフロントエンドです。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月06日 (水) | 編集 |
kde4-1.jpg
Ubuntu 8.04 Hardy Herron でkde4.1を試用として使っています。
(SuperKarambaのテーマを直し忘れてKDE3.5.9となっていますが、KDE4.1.0です。因みの修正例 "kde-config --version" → "kde4-config --version")

Synaptic から kde4 をインストールすれば、最低限の機能がインストール可能です。

Synaptic のページに Ubuntu 8.04 Herdy Herron の参考リポジトリを追加しました。
利用している sources.list を全文載せています。

kde4.0を試用した時は、作りや外観を体験して完成形が想像できたものの、使用するには至りませんでした。
しかし、kde4.1ならば、工夫すれば使用する事ができるようになりました。

工夫の大半が、ソフトウェアのkde4系を避け、kde3.5系を使用することです。
しかし、kde4.1のアップデートがほぼ毎日行われるので楽しいです。

そんなkde4~kde4.1の変化メモです。


なおkde4.0の頃からkde3.5系と負荷率は大差ありません。
kde3.5系と同様、軽快に動作します。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。