Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年06月12日 (水) | 編集 |
clementine2.jpg
Ubuntu 13.04 Raring Ringtail での Clementine ver1.1.1
(プレイリストの背景イメージはカバーアートやユーザー任意の物から設定解除可能)
[Clementineをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

ClementineはAmarok1.4をフォークしたソフトウェアです。
Amarok2よりも軽量のソフトウェアであると紹介されることもありますが、実は今のAmarok2.7.0とそれほど変わりません。
スペクトラムアナライザを表示したClementineとAmarok2では、Clementineが若干CPU占有率が上回ります。
プレイリストにジャケットイメージを表示して沢山並べるとAmarok2のメモリ占有率がClementineより上回ります。
使用方法で誤差程度の差異が生じるものの、CPU占有率、メモリ占有率は大差ありません。

ClementineもAmarok2も重いのか?と云えば、そうでもなく、他の似通ったインタフェイスのオーディオプレイヤーと大差ありません。
なにがClementineとAmarok2で違うかと云えば、Amarok1.4にあったわかりやすいインタフェイスがClementineで使えること、これに尽きます。

続き記事では、ClementineとConkyの連携、なぜか使えないグローバルショートカットを使えるように設定する方法を記します。
[Clementine オーディオプレイヤーの続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2010年12月09日 (木) | 編集 |
tunapie.jpg
(シンプルなのに冴えないアイコンと洗練されてないレイアウトが微妙さを醸します。機能はStreamTunerと同等)

Synaptic、またはUbuntuソフトウェアセンターなどからインストールするソフトは
[Tunapieをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)
[Audaciousをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)
[StreamRipperをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

Tunapie でラジオ局のチューニング
Audacious でラジオのリスニング
StreamRipper でラジオのエアチェック
といった連携が可能です。

StreamTuner が ShoutCast の仕様変更で使えなくなりました。
StreamTuner の開発は終了しています。
独自のパッチを当てている方も居るそうですが、無理して StreamTuner を使い続けるより Tunapie を使った方がいいでしょう。

記事の続きはAmarok2編になってます。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2010年03月15日 (月) | 編集 |
kffmpegthumbnailer1.jpg
kfmmpegthumbnailer 使用の Dolphin と ffmpegthumbnailer 使用の Nautilus を比較

kfmmpegthumbnailer は、Dolphin用の美麗な動画サムネイラーです。

kde4 には mplayerthumbs が kde3.5 から引き続き公式リポジトリにメンテされています。
ですが、表示速度やデザインに不満がありました。
kffmpegthumbnailer は、その点を満たしくれます。
(ただし、version1.1.0では、Dolphinの機能である、ディレクトリへ画像の集合表示をしてくれません。mplayerthumbsは可能です)

kffmpegthumbnailer-alternative_1.1.0~karmic~ppa1_i386.deb
libffmpegthumbnailer3-alternative_2.0.0~karmic~ppa1_i386.deb
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年07月20日 (月) | 編集 |
mediatomb.jpg
MediaTombのブラウザによるライブラリ整理画面

D L N A
Digital Living Network Alliance
だそうです。

Ubuntuでは、mediatombのパッケージをインストール、ブラウザ画面でライブラリを追加するだけで使えるようになります。
日本語もUTF-8で問題ないでしょう。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年07月14日 (火) | 編集 |

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7629704

Ubuntu 9.04にtimidityをインストールすると、デフォルトで設定される音色はfreepatsです。
timidity自体はとても優秀です。
ハードウェアmidi音源に退けを取らない程(機能として同等レベル)作り込まれましたtimidityですが、freepatsを使うと足りない音色が目立ち、調整具合もよろしくありません。

「timidityを使うのであれば、freepatsから別のサウンドセットを設定すると良いですよ」
というススメです。

サンプルではeawpatsとeawplusを使用しています。
おまけに収録したAudigyのSoundFontはやや大きめで263MBです。
SoundFontの音質は容量ではありませんが、今は1GB越えのSoundFontまであったりします。

midiの曲はイース2完全版に収録されていたイース2のオープニング曲です。
このサンプルmidiは電子音系で、豪華な作りでもありません。
ですが、freepatsの歯抜け音色具合が如実に現れてる曲なので選曲しました。
ファルコム楽曲が自由に使えるようにライセンス変更となったというのもあります。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年07月01日 (水) | 編集 |
exaile.jpg
ExaileをSynapticでインストールしました。

[Exaileをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

Amarok1.4似でgtkベースのオーディオプレイヤーです。
移植ではないので、それなりに差違はあります。
Amarok2のミュージックタグ情報がUTF-8でも特定曲で文字化けするのに難儀し、Amarok2が落ち着くまでExaileを使うことにしました。
久しぶりに使ったExaileは、Amarok1.4に対して見劣りしない、十分実用的なものになっていました。
アルバムアートの使用はAmazon.jpを設定すれば、今のAmarok1.4や2よりも賢く取得やカスタム設定可能です。

iPodは 編集>プラグインの追加 から行えます。
その他、ネットワーク接続により様々なプラグインを追加できます。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年05月08日 (金) | 編集 |
kdenlive_v0_7_3.jpg
Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope の kdenlive 0.7.3スクリーンショット
[kdenliveをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

インターフェイスがQt3からkde4のQt4へと切り替わりました。
多くの機能強化が盛り込まれています。
素材クリップの対応ファイル形式が増え、追加エフェクトも多彩に、書き出せる動画形式も増えました。
gtk-RecordMyDesktopが書き出すOGV動画にも対応!
RecordMyDesktopから直にキャプチャーする機能まで追加されています。
Cropエフェクトを使えば動画の切りぬきも可能になりました。
Avidemuxを使わないでも困らない領域に踏み込んでいるかもしれません。

日本語ファイル名や、日本語の入力へは対応しています。

Qt3版のkdenliveは日本語のインターフェイスが翻訳されUbuntuへも投入されていました。
まだQt4の日本語インターフェイス翻訳はUbuntu 9.04のkdenliveへ投入されていません。
相変わらず直感的に操作できるので困りはしません。

時々起こるタイムライン操作でのバグ落ちなどは改善待ちです。
それも直前までの編集を自動的にリカバリーしてくれるので、その際に開き直す手間がかかる程度です。

期待を裏切らない素晴らしい出来のバージョンアップで感動しました。
(2009年5月8日追記)

kdenlive.jpg
Ubuntu Gutsy で Synaptic より kdenlive 0.5をインストールしました。

これこそ探していたツールです。
お手軽な動画編集ツールとして申し分ありません。

完璧。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年01月16日 (金) | 編集 |
ネットラジオ放送局としてUbuntuをセットアップする事ができるのか興味が湧きました。

使用する要はIceCast、これはShoutCastと互換性のあるネットラジオサーバでOpenSourceSoftwareのものす。
PeerCastも利用できそうですが、今回は検討していません。
音声はAmarokやAudaciousといった音楽プレイヤー、マイクなどの音声デバイスが繋がれば良いでしょうか。

関連のソフトはいくつかあり、2通りのパターンが考えられました。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年11月02日 (日) | 編集 |
kaffeine.png
Ubuntu feisty で Synaptic から kaffeine をインストールしました。
kdeアプリケーションの動画プレイヤーです。

[Kaffeineをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

gnome環境のUbuntuから導入するには少し手間かもしれません。
scim-qtimm をインストールしないと日本語入力出来なかったり、kde-i18n-ja をインストールしないと日本語化にならなかったり、xine関連のパーツ、CD関連、DVD関連、それぞれ個別でライブラリを導入しなければならないからです。(Synapticでほぼ揃います)

UbuntuでDVDを観賞するのに現状で一番手っ取り早いソフトウェアとしてオススメでもあります。(2008年11月2日 DVDに関連する項目を追記)
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月07日 (木) | 編集 |
smplayer.jpg

Ubuntu 8.04 Hardy に SMPlayer を Synaptic からインストールしました。

[SMPlayerをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

SMPlayer は MPlayer 派生の動画プレイヤーで、KMPlayerと同じくQtフロントエンドです。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年03月16日 (日) | 編集 |
Ubuntu Gutsy に timidity をインストールしました。
TiMidity++ version 2.13.2

[TiMidity++をインストール](apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

timidity はソフトウェアシンセサイザーと呼ばれるもので、ハードウェアのmidiデバイスが無くてもソフト的にそれを再現してくれるものです。

大分前に試した記憶はあるのですが、いろいろびっくりでした。

midiのカテゴリでは、機能的にこれ以上のものを思い付けません。
ディレイやリバーブといった音的に。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年11月21日 (水) | 編集 |
amarok2.jpg
Ubuntu 7.10 Gutsy Gibbon に Amarok をインストールしています。
Synaptic でインストール可能です。

[Amarokをインストール]
(apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

AmarokはLinux系OSでもっとも多機能なオーディオプレイヤーで、qt系のソフトウェアです。
gtkではExaileがAmarok風プレイヤになりますが、機能実装が足りていなかったりとAmarokに慣れているととても使いにくいです。
他にはRhythmboxなどが同種のものになります。

AudaciousやBMP、XMMSといった伝統的オーディオプレイヤーも便利ですが、今風(?)のスタイルだとAmarokの様なものになるのでしょうか。

個人的に気になったのは、以前、メニューのAmarok解説に「ロドニーおじさんが "完璧だ、Amarokはマジですごい!" って言ってる」と、マウスオーバーで出てきていたのですが、出なくなっています。

初めて見た時は吹いたものですが、出なくなると寂しいものです。
ロドニーおじさんが誰なのか知りませんが。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年11月08日 (木) | 編集 |
soundrecorder.png
Ubuntu Gutsy をインストールすると、デフォルトで Sound Recorder(gnome-sound-recorder) がインストールされています。

これは名前そのものの録音ツールで、Gstreamerパイプラインを追加設定する事により録音形式を追加する事も可能です。

USB-Audioを利用していますが、そのせいか gtk-RecordMyDesktop で録音できません。
そういった場合に補うツールとして使う事もできます。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年11月07日 (水) | 編集 |
cinelerra1.png
Ubuntu Gutsy に Cinelerra をインストールしました。

GutsyでCinelerraをインストールできるapt-lineを発見しました。
そのapt-lineを使用してSynapticで扱えるようにし、インストールしました。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年10月26日 (金) | 編集 |
avidemux.png
Ubuntu gutsy で Avidemux をインストールしました。
公式リポジトリではv2.3.0ですが、理由があってv2.4.0をインストールしました。

[Avidemuxをインストール](apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

この記事で投稿した動画もAvidemuxでFLVを書き出しました。

RecordMyDesktopから書き出し後、Avidemuxではogg形式が読み込めないのでmencoderで前処理が必要です。
mencoderはSynapticでインストールしてください。
例:(out.ogg から out.avi へ Avidemux で編集出来る形式に変換する)
$ mencoder out.ogg -ovc lavc -nosound -o out.avi
(-oac copy でも良かったかもしれませんが、音声無し動画だったので念のため音声部を消しました)
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。