Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月06日 (金) | 編集 |
yakuake.jpg
Ubuntu 11.04 Natty Narwhal KDE4.6.2 での Yakuake 2.9.8

上端か下端より必要に応じて出現させ使用できる端末エミュレータです。
出現のアクションには、好みのホットキーを設定することができます。
基本的にKonsole。
外観は設定のほか、テーマファイルで見た目を好みに変更できます。
[Yakuake ドロップダウン式端末の続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年08月18日 (月) | 編集 |
kommando.jpg
Kommando と Kommando設定画面(kcontrol内)

Ubuntu 8.04 Hardy Herron に Synaptic から kommando をインストールしました。

Kommandoはソフトウェアランチャーで、ショートカットキーなどの操作で軽快に起動します。
起動する場所はマウスカーソルを中心になるので、最小限の操作で起動までが可能です。

似たようなソフトウェアは…多すぎて把握しきれてません。
そのようなランチャーが多い中、Kommandoは操作性が良く、画面も綺麗で、軽快な動作だったので推します。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年05月24日 (土) | 編集 |
superkaramba.jpg
Ubuntu Hardy で SuperKaramba を Synaptic からインストールしました。

SuperKaramba は、kdeデスクトップ向けとされていて、kdeでは定番のガジェット(desklets)です。
似たようなソフトウェアに gdesklets(Gnome向け) や Conky(Gnome向け) があります。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年11月02日 (金) | 編集 |
kooldock.png
Ubuntu Gutsyで Kooldock を Synaptic からインストールしてみました。

OSX風ドックというカテゴリでしょうか?
マウスオーバーでモワーっとアイコンが拡大したりするアレです。
タスク管理機能もあります。

ドックランチャーにはkibadockがCompizFusionなどと相性が良く、インストールされている方も多いですが、Ubuntuデフォルトリポジトリからインストールの簡単なドックとしてkooldockを紹介します。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年09月24日 (月) | 編集 |
acetoneiso1.png
Ubuntu feisty で AcetoneISO2 を Synaptic でインストールしました。

その後、新しくリポジトリを追加して最新バージョンへアップしています。
Version1.0 → Version1.0.2

AcetoneISO2は、ISOなどのCD/DVDメディアイメージのマウントをGUIで行う事が出来るツールです。
対応形式は
*.bin *.mdf *.nrg *.img *.daa *.cdi *.xbx *.b5i *.bwi *.pdi
CUEシート付きのISOイメージは、作成は可能でマウントする事としては出来ない様です。(2007年9月24日)

ISOのマウントだけなら、Linuxカーネルにそのような機能が付いているのでコマンドラインからすぐ使えるようになっています。

AcetoneISO2から連想させるツールとして、cdemuがあります。
cdemuはコマンドラインから各種ディスクイメージをマウントするツールで、GUIの操作を実現するにはkcdemuなどフロントエンドを別にインストールする必要があります。
cdemuではCUEシート付きのイメージマウントに対応していますが、cdemuの(コンパイルと)インストール、設定をし、フロントエンドを追加するのは面倒な手間がかかります。
それに対し、AcetoneISO2のインストールは簡単で、GUIも標準で付いてくる所が良いです。

ですが、CDやDVDイメージのマウントを行うシュチュエーションはよくある事なのでしょうか?
Windowsなどでは、ソフトウェアをCDやDVDで販売する事がよくあるので、煩雑になりがちなメディア管理をイメージ化する事によってCDやDVDの捜索の手間や紛失を防いだりする事はあると思います。
それに対しOSS環境では、そういった手間が元々なく、どういった状況で便利に利用するのかよく判りません。
思いつく限りだと、DVD映像メディアをイメージ化してサーバに納め、ライブラリ化して参照する事くらいでした。

想像力と知識が貧困でしょうか?
用途と工夫次第ではとても便利なのかもしれません。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年09月23日 (日) | 編集 |
synaptic1.png
Ubuntu feisty での Synaptic です。
バージョンは、synaptic for Debian 0.57.11.1ubuntu14となっています。

aptコマンドをグラフィカルに操作出きるようになっているパッケージマネージャです。
KDEだとAdeptが同種のものにあたります。

ソフトウェアのインストールとアップデートをGUIで行う事が出来る-と云った方が解り易いでしょうか。

Synapticにはアップデートをチェックし新しいものがあれば通知してくれる機能として、Synaptic update notifierが組み込まれ、グラフィカルな操作画面のupdate-managerとして利用出来ます。
Adeptでは、adept notifierが同種のものです。

個人的にAdeptはよりSynapticが使いやすく、KDE環境でもSynapticを使用し、アップデート通知はKDE環境下だとSynapticのものを使用出来ないのでadept notifierと組み合わせて愛用しています。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年09月18日 (火) | 編集 |
beryl.png
Ubuntu feisty gnome で Beryl を使っています。

インストール方法はnvidiaドライバのインストールとxorg.confに1行を追加し、(nvidiaでなくても、3Dが扱えるビデオチップを使用、それを設定後)Synaptic から
beryl beryl-plugins beryl-plugins-unsupported beryl-manager emerald emerald-themes
などををインストール。

コマンドラインからだとこんな感じで

$sudo apt-get install beryl beryl-plugins beryl-plugins-unsupported beryl-manager emerald emerald-themes

その後、ランチメニューからberyl-managerを起動すれば Beryl が使えるようになります。



現在(2007年9月18日)Compiz-Fusion が Beryl と Compiz の統合プロジェクトとして立ち上がっています。

Compiz→Beryl→Compiz-Fusionと3Dデスクトップの主流が移行している様ですが、Compiz-FusionにはまだBerylと比べ目新しい機能が無い事、Compiz-Fusionの設定に慣れ-新たにしなければならない事、Compiz-Fusionが安定実用に入るまで様子見している事、これらで未だBerylから乗り換えていません。

そろそろ頃合いかと思うのですが、OSのアップグレードまで粘ろうかとも思っています。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年09月17日 (月) | 編集 |
xfyblogeditor1.png
Ubuntu feisty でJustSystemのxfy Blog Editorをインストールしました。

Javaアプリケーションになっていて、Linux系OS、OSX、Windowsほかで動作します。
JastSystemが無償版としても配布しているものでこちらからアーカイブをダウンロード出来ます。

対応ブログは、ジャストシステムブログ、MovableType、TypePad、FC2、ココログ、seesaa、ブログ人、WORDPRESS、JUGEM、DRECOMに対応しています。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年09月14日 (金) | 編集 |
wine.png
Ubuntu feisty で Synaptic からwine をインストールしました。
(画面写真は設定ミスでUbuntu上のwinecfgが立ち上がらなくなったため、Simply MEPIS 6.5 でのwinecfg )
(.wineのディレクトリを削除して再設定したら動きました)

[wineをインストール](apt-getが使えるOSのみ対応リンク)

wineはLinux系のOSでもwindowsプログラムを動作させる事が出来る技術です。
デフォルトでは以下がwineのルートフォルダになるのでnautilusにブックマークしておくと便利です。
~/.wine/drive_c

Ubuntuの標準リポジトリにはディストリビュータ提供のwineが完備されていますが、新たにリポジトリを追加して最新のバイナリを活用する事も出来ます。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年09月11日 (火) | 編集 |
Thunar1.png
Thunar ファイルマネージャーはxfaceというwindow managerのファイラーです。
Ubuntu feisty で Synaptic からインストールしました。

gnomeのファイラーである nautilus とほぼ同等の操作性です。
nautilus と同じようにタブ機能は無いです。
nautilus と比べて若干軽快に操作出きるような気もします。
nautilus と比べて画像ファイル、動画ファイルのサムネイル表示が小さく見にくいです。

個人的には nautilus が好きで、それを日常使用しています。

が。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年09月09日 (日) | 編集 |
kcontrol.png
Ubuntu feisty のgnome環境で kcontrol を Synaptic からインストールしました。

gnomeデスクトップ環境だからといって、kdeのソフトウェア群を敬遠する事もありません。
個人的にも、はお気に入りのソフトがkdeには沢山あります。
具体的には、Amarokkaffeinekrita、K3b、BasKet、konquerorなどなど。

これらのkdeソフトウェアのスタイル-装飾を整えたり、環境設定を行うのにkcontrolを導入しています。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。