Linux系OSのブログです - 設定メモやアプリケーションを紹介 - デスクトップ用途の記事多め
Google
 
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年03月13日 (水) | 編集 |
Flashプラグインが使えるだいたいのブラウザ動作します。
同時に複数のブラウザで閲覧していた場合、すべてのリンクを作成します。
ブラウザで閲覧しているFlash動画っぽいものが対象です。
Firefox (Iceewasel、Epiphany など)
Konqueror (Arora、rekonq など)
Chromium (Chrome)

Youtubeの一部やストリーミング放送などのキャプチャはrtmpdumpなどを利用するなどして複雑になり別口です。
Youtubeの形式は複数あり、別口を使ったほうが良好です。
ニコニコ動画の一部にあるswfフォーマットでアップロードされている動画も別口です。

flash_movie3.jpg

ふと、Chrominiumを使ってみたのです。
そうしたら以前の方法が使えませんでした。

<以前の方法>
Flash動画のCacheファイルを保存する方法
Flash動画のCacheファイルを保存する方法-Nautilus版
<ここまで>

それ用のスクリプトを新しくしよう。
記事の続きはそういう流れです。
[各種ブラウザのFlashビデオを動画プレイヤーで見る方法の続きを読む...]
スポンサーサイト
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2011年03月03日 (木) | 編集 |
Flash動画のCacheファイルを保存する方法ではDolphinで連携してみましたが、Nautilusで似たような事をやってみました。

1.Flashビデオがキャッシュされているディレクトリを開く
2.その中からサムネイルで表示されている目的のファイルをデスクトップにコピーする
という使い方をします。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2011年02月15日 (火) | 編集 |
dolphin_script.jpg
Dolphinで右クリックメニューを追加した様子と図解
Ubuntu10.04、KDE4.4.2、Dolphin1.4
(サンプルファイルは某動画サイトより拝借した東方動画)

Konqueror で右クリックメニューを追加する要領で、Dolphinでも使うことが出来るようになっていました。
スクリプトだけ記述して放りこめば使えるNautilus Scriptよりも少し手間がかかって、扱いも少し難です。

簡単ではあるので、押さえておけば支障無い程度のまとめをしてみました。

例題として作成し、以下に記述したスクリプトは、flvなどの動画ファイルからmp3などの音声ファイル部分を劣化なしでオリジナルの抽出をするものです。

同じ動作をするNautilus用のスクリプトはこちら
Nautilusスクリプト 動画ファイルから音声を抽出する方法
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2010年12月07日 (火) | 編集 |
flash_movie1.jpg
(サンプルはニコニコで見かけた東方の動画。これで3Dですって、すごいですね)

/tmp に収納されていたFlash動画のキャッシュファイルが /tmp外へ追いやられる仕様になりました。
Flash Player経由で開くと重たいファイルも軽快に開けたり、保存したりといった使い方が出来なくなったということです。
そこで、Flash動画ファイルを探して保存するまでをシェルスクリプトを交えて考えてみました。

今回はDolphinと連携させていますが、Nautilusなどでも応用が効くでしょう。
Ubuntu、その他ディストリビューションで応用が効くでしょう。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2010年09月11日 (土) | 編集 |
conky_argb.jpg
Ubuntu 10.04 LTS Lucid Lynx
Conky 1.8.0-1

Conkyのバージョンを気にせず使っていたのですが、気がつくと大分アップデートされていたようです。
kde4でConkyの背景を透過する方法 で苦労したのも束の間、便利になったものです。
Conky1.8からこの透過が使えるようになっているようです。

上記の画像はKDE4のPlasmoidウィジェットがConkyに邪魔されずに透過しているサンプルです。
それ以外にも、アイコン、その他、なんでも透過してくれます。
Gnomeなどでも同様でしょう。

今回のバージョンで気がついたのは、Conkyへの画像張り込みが使えるようになっていた事や、cairoでの描画も可能になっていた事などです。

記事後半は記述方法です。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年05月30日 (土) | 編集 |
amarok2_art_01.jpg

feh をインストールします。

$ feh --bg-scale "~/壁紙が置いてあるパス/壁紙.jpg"
などで壁紙を feh で描画すれば透過できます。

.conkyrc には
own_window_transparent yes
(透過を許可する)
own_window_type normal
(なぜかoverrideでデスクトップをクリックするとconkyが消えます)

設定が難儀であればConkyサンプルを参考にどうぞ。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年05月23日 (土) | 編集 |
conky_amarok2.jpg
Ubuntu 9.04 kde4.2.3 で、Amarok2のインフォメーションを表示した例

Conkyは情報を表示するデスクトップアプレットです。
Amarok1.4まではdcopを使い、amarok-appでConkyと連携できました。
Amarok2では新しく作り直されたので、従来の情報取得方法が使えません。

ついでにカバーイメージの取得方法も思案してみました。
Amazon経由で取得したイメージのパスは英数字の羅列ですが、そのままイメージのパスとして問題ありません。
カスタムイメージとして設定したカバーイメージのパスはURLエンコードされ、日本語パスの問題、スペース入りパスの問題をクリアしないとデスクトップアプレットなどでの表示に支障が出ます。

今回はSuperKarambaでAmarok2のカバーイメージ表示をしてみました。
kde-look.orgにあった物はAmarok2のカスタムカバーイメージに対応していないようでした。
思えばAmarok1.4でもカスタムカバーのイメージは表示されていなかった気もするので、同様の処置が必要だったのかもしれません。
今から確認するのも無意味なのでしませんが。
2009年04月16日 (木) | 編集 |
flvからmp3ファイルを抽出する方法だけだと物足りないので、動画ファイル全般から音声ファイルを抽出する様にしました。

ffmpegをインストールする必要があります。
未インストールの場合は Synaptic などでインストールします。

Nautilusスクリプトの詳しい使い方はこちらを参照してください

flvからmp3、mp4からaac、wmvからwma、aviからmp3、それぞれを抽出するようになっています。
#!/bin/bash
for arg
do
if va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep x-flv`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.mp3"
elif va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep mp4`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.aac"
elif va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep asf`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.wma"
elif va=`file "$PWD/$arg" --mime-type|grep msvideo`; [ -n "$va" ] ; then
ffmpeg -i "$PWD/$arg" -acodec copy "${arg%.*}.mp3"
fi
done
2009年04月11日 (土) | 編集 |
Nautilusスクリプト Windowsのexeからiconを抽出してpngに出力する方法の副産物スクリプトです。
Nautilusスクリプトの詳細な使い方はこちらを参照してください。

icoutilsに含まれるicotoolでも作成可能ですが、imagemagickの領分だと思い、確認のために作成してみました。
imagemagickをapt-getやSynapticでインストールする必要があります。

透過pngで透明部分も設定できます。
試してませんが、このままpng以外の画像からでも書き出せそうです。

#!/bin/bash
for arg
do
convert "$PWD/$arg" -channel Alpha -negate "${arg%.*}.ico"
done
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年04月11日 (土) | 編集 |
exe_png.jpg
東方星蓮船のexeからicon形式のファイルを抽出し、png画像に変換した例
Nautilusスクリプトの詳しい使い方はこちらを参照してください
Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope betaで作成しましたが、他環境での流用は容易いと思います。

主にWineでの利用を想定しています。

WineでWindows用インストーラでインストール

Windowsでいうところのショートカットアイコンに画像が→でる

でない

でない場合、Wineのアイコンが表示されますが、それが並ぶと少々しょんぼりします。

そこでexeファイルの中にiconファイルがあるので取り出し、pngに変換します。
メニュー編集でアイコン画像を取り出したpng画像に変更すれば良いわけです。

その作業を簡略化するスクリプトです。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年04月10日 (金) | 編集 |
nautilus_script01.jpg
Konquerorでservicemenusに登録し、右クリックメニューに拡張できましたが、Dolphinへの実装がまだ不十分です。
(Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope beta kde4.2.2にて)
そこでNautilusを使うことにしました。

kde4を使用してますが、ファイラーにNautilusを使用する事に抵抗はありません。
今のNautilusはタブも備え、以前よりずっと軽快になりました。
ただ、Dolphinと比較して、Nautilusではターミナルウィンドウ、カラム表示、フィルタ検索が使えないなど難点はあります。

Nautilusスクリプトを使ってみると意外や便利。
シェルスクリプトを直接書け、なんの手間もありません。
Konquerorのservicemenusより使いやすいです。

Nautilus-Scriptはスクリプトと名のつくもので、抵抗を感じる向きもありそうです。
そこでスクリーンショットを多めに解説してみました。

とても簡単、便利なので是非使ってみてください。

今回のサンプル以外にも試しにいくつか簡単なスクリプトを作ってみたものも写っていますが、長くなるので別途記事にします。

Nautilusスクリプト Windowsのexeからiconを抽出してpngに出力する方法
Nautilusスクリプト pngなどの画像からiconファイルを作成する方法
Nautilusスクリプト 動画ファイルから音声を抽出する方法
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2009年03月02日 (月) | 編集 |
kde4_user_icon.jpg
Ubuntu 9.04 Jaunty Jackalope Alpha-5 の kde4.2 で設定した画像

MEPISのアイコンが置いてある部分に設定されます。
ログインユーザーを視覚的に判別しやすい程度の意味しかありませんが、好きな画像を置けます。
むしろ好きな画像を置く事に意味があるのかもしれません。

デフォルトはギアの検索風なアイコンです。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2008年03月24日 (月) | 編集 |

動画で作成してみました。

kdenliveを使いFLV動画に書き出しましたが、ベースサイズが800*600だからか、もしくは別の理由でか、綺麗にエンコードできていません。
研究の余地ありです、難しい。
動画自体は一発録りで、アイコンが探せずまごついている所はなんとも。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年11月23日 (金) | 編集 |
mplayer_thumbs.png
Ubuntu 7.10 Gutsy Gibbon で、Synaptic からmplayerthumbsをインストールしました。

konquerorを利用する時、不満点として動画のサムネイルがあります。

それを改善します。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
2007年11月04日 (日) | 編集 |
systemmon.png
Gnomeデスクトップ上であれば、Gnomeシステムモニタで停止させたいプロセスを選んで停止する事ができます。

なにがしかの理由で、それを行うよりもコマンドライン上で行った方が便利な場面があります。

そんなkillコマンドの簡単な使い方です。
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ
スポンサード リンク
----------------------------------------------------------

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。